【新型コロナ関連】(10/12追加募集受付開始:横浜市内の中小企業対象)新しい生活様式対応支援補助金(第2回)

【追加募集】横浜市内中小企業の「新しい生活様式」への対応を市が支援(ご案内)

8月に第1回募集をしたところ、2日目で受付終了となったものです。

今回、追加募集として第2回、第3回の案内が、横浜市経済局より発表されています。

 

詳細は下記よりご確認ください。

URL

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/kigyoshien/keieishien/capex/atarashiiseikatsu.html

【受付】

<事前エントリー>

  •  第回:令和2年1012日(月曜日)10時~1016日(金曜日)17
  •  第回:令和2年1019日(月曜日)10時~1030日(金曜日)17

※第2回の募集数=2,000件、第3回の募集数=「予算総額8億円」-「第2回のエントリー数」
期間内であっても、募集数に達し次第、受付を終了します。
(残数は事前エントリーの入力フォーム上で表示)

横浜市内中小企業の「新しい生活様式」への対応を市が支援します(ご案内)

新型コロナウイルス感染症の影響の長期化が想定される中、

「新しい生活様式」に対応しながら事業活動・経済活動を行うため、

市内中小企業者が、各業界ガイドラインへの対応や3密回避を目的に行う

設備投資などを補助するものです。

 

以下、横浜市経済局より発表されています。

URL

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/kigyoshien/keieishien/capex/atarashiiseikatsu.html

 

【受付】

<事前エントリー>

8月3日(月曜日)10:008月31日(月曜日)17:00

<交付申請兼実績報告書の提出>

事前エントリー受付完了通知の受領後~11月30日(月曜日)必着

※事前エントリー → 事前エントリー受付完了通知受領 →

設備等の購入設置・工事の竣工・支払いの完了 → 実績報告書提出

【補助額】

設備・工事等の費用の90%(法人は上限30万、個人事業主は上限15万)

【補助対象】

業務上用いるものかつ、

 「新しい生活様式」(※)に対応するために購入した設備又は施工した工事であり、

以下の3つのいずれかに当てはまること
ア 従業員及び来客等の保健衛生対策
(例)自動手指消毒器検温機器を購入し、感染症対策を行う
イ 3密対策
(例)客席の個室化パネルの設置工事などを施工し、飛沫感染の対策を行う
ウ 「新しい生活様式」に対応した新たなビジネス展開
(例)・パソコンカメラ等を購入し、インターネットを通じた商品販売を開始する
新しい金型を購入し、フェイスシールドの自社製造を開始する。
※「新しい生活様式」は、5月4日に新型コロナウイルス感染症専門家会議で提言されたもの。

長期間にわたって感染拡大を防ぐために、飛沫感染や接触感染、近距離での会話への対策を、

日常生活に定着させ持続させる必要があるため、それらを「新しい生活様式」と呼ぶこととしたもの。
 ②横浜市内に住所を置く事業所からの購入(※)であり、それが確認できること

 ③令和2年4月7日以降に契約したものであること
 ④購入品・工事の品目が10品目以内であること

 

詳細は募集案内にてご確認ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/kigyoshien/keieishien/capex/atarashiiseikatsu.files/0012_20200720.pdf

 

PAGE TOP