かながわ経済新聞 かながわ経済新聞とは

かながわ経済新聞とは

かながわ経済新聞は、元・日刊工業新聞産業部記者、元神奈川新聞経済部記者の千葉龍太が編集長を務める2013年7月設立、14年本創刊の月刊新聞です。歴史は浅いですが行政からお墨付きの「信頼性」がウリです。
神奈川産業振興センター(県)、横浜企業経営支援財団(横浜市)、相模原市、綾瀬市、ジェトロ横浜、特許庁などの行政とも提携して記事を発信しています。県内の主要図書館にも置いています。

大阪で人気の「日本一明るい経済新聞」と連携。紙面の半分を「日本一明るい経済新聞・神奈川版」にしています。毎月、記者が30~40社の企業の経営トップを直接取材、「なぜ、儲かっているのか?」。元気経営の秘密を探り、紹介。読者に、「そうか、こうすればやれるのか」といった経営のヒントをつかんでいただき、“自信”と“やる気”と“明るさ”を取り戻してもらいたいと願っています。

特長

内容

紙面について

県内のマクロニュース(1-3面)

日銀短観(日本銀行が3.6.9.12月に行う企業短期経済観測調査)、帝国データバンク、
浜銀総合研究所などの県内経済や県内企業に関する調査・発表、
県や市、JETROなど行政機関などに関するニュース、商工会・商工会議所など経済団体
に関するニュース、補助金など中小・小規模企業に関する支援施策情報
紙面サンプルはこちら

県内のミクロニュース(4-8面)

1社1社、直接取材した会社の確かな情報をお伝えしています。
紙面サンプルはこちら

その他サービス

自社の情報を発信したい

社内報(自社の情報・社長の想いを社員に伝えたい)、社外報(自社の情報を社外に伝えたい)、
ちらし(自社製品・サービスをPRしたい)、会社案内、記念誌・記念広告(設立●周年、新工場建設など自社の記念を形に等)の作成を行います。
ホームページでの広告掲載、掲示板告知も可能です。

過去の記事を読みたい

かながわ経済新聞ホームページにて会員ログインすることで、過去の記事検索ができるようになりました。(準備中です)

発行について

発行日  :毎月11日
発行部数 :1万部
読者層  :中小企業経営者、行政関係者など

配布方法は5パターン

(提携する産経新聞販売店が毎月、県内5000世帯に配布)
このほか、県立図書館など県内外15ケ所の図書館に配架されています。

PAGE TOP